ダイオードレーザーで施術ができるクリニックは?

ムダ毛に悩む人たちが、以前に比べて脱毛しやすい環境が身近になってきました。
脱毛できるエステサロンや、美容クリニックなど、部位毎の脱毛はもちろん、最近は全身脱毛で本当に全身の毛を脱毛する人も少なくありません。

そんな中、やはり人気があるのはレーザー脱毛による永久脱毛。
お手軽に出来るエステサロンは、若い世代に人気があるでしょうが、短期間で確実にとなると、クリニックで行なうレーザー脱毛がお得です。

レーザー脱毛には、3種類のレーザーがあります。
アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザー
ヤグレーザー
となります。

アレキサンドライトレーザーは、濃いムダ毛に反応しやすく、特に目立つムダ毛の処理に向いていますが、肌の色が濃い人や、うぶ毛などには反応しにくいです。
ヤグレーザーは、反対に、薄いうぶ毛などに反応してくれますし、肌の色が黒い人でも施術が可能です。

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの中間に位置すると考えると良いでしょう。
濃いムダ毛にも、うぶ毛にも反応してくれて、冷却機能を併設しているので、アレキサンドライトレーザーよりもお肌への負担が軽いということです。

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーの後に出てきた機器で、すでにアレキサンドライトレーザーを導入しているクリニックでは、なかなかおいていないと思います。

では、ダイオードレーザーの設置されているクリニックは、どのくらいあるのでしょうか?

代表的な地域ごとに情報をまとめてみました。

関東周辺(東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・群馬・茨城)
 アレキサンドライトレーザー 113
 ダイオードレーザー 94

関西周辺(大阪・京都・兵庫 など)
 アレキサンドライトレーザー 61
 ダイオードレーザー 45

中部周辺(愛知・静岡・三重・岐阜など)
 アレキサンドライトレーザー 48
 ダイオードレーザー 19

九州(福岡・熊本・長崎・大分・佐賀・宮崎・鹿児島・沖縄)
 アレキサンドライトレーザー 39
 ダイオードレーザー 17

ネットでまとめてらっしゃる方の数値を参考にさせていただきましたが、全国的にダイオードレーザーの導入数よりアレキサンドライトレーザーの導入数が多いようです。
でも、首都圏では同じくらいの比率で導入されていますので、ダイオードレーザーの施術は比較的受け易いでしょう。

地方には、まだまだダイオードレーザーの数がアレキサンドライトレーザーには及ばず、施術を受けるためには、少し大きな都市へ通う必要があるかもしれません。
とはいえ、全国的に美容クリニックも広がってきています。
レーザー脱毛か、光脱毛かの選択ではなく、レーザーの種類を自分に合わせて選べる時代になってくるでしょうね。

ダイオードレーザーでの全身脱毛は効果アリ?

永久脱毛として人気のあるレーザー脱毛ですが、その中にも種類があるって知っていますか?
ご存知かとは思いますが、レーザー脱毛は医療機関で行なわれる脱毛処理です。
レーザーの照射出力や照射範囲の違いなどで、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類のレーザーが存在します。
この3種類のレーザーは医療用の脱毛機器ということになります。
いわゆる脱毛エステでは行なえない、強い出力での施術になりますので、医師のいる医療機関でしか施術ができないようになっています。

出力が強いということは、エステサロンなどで行なわれる光脱毛に対して、効果も期待できるのですが、はたして、全身脱毛にも適しているのでしょうか?

今回はダイオードレーザーについて、解析します。
先にあげた、アレキサンドライトレーザーはレーザーの出力は高くて、濃い毛にはダイオードレーザーと同等の反応をしてくれますが、ヤグレーザーは出力が弱く、その分うぶ毛や肌の色が黒い人に効果を見せてくれるようです。

一方、ダイオードレーザーについては、出力はアレキサンドライトレーザーに近く、高い出力があります。濃い毛にはもちろん反応しますが、うぶ毛にも反応してくれるというのです。
男性のヒゲのように濃い毛にも、背中のように薄いうぶ毛にも反応してくれるということなので、全身脱毛には向いているといえるでしょう。

また、ダイオードレーザーはレーザー照射範囲の形が四角い形になっていますが、他のレーザーは丸い形なので照射にムラが出来ることもあります。つまり、ダイオードレーザーはもれなく照射ができるというメリットもあります。

他にも、ダイオードレーザーはムダ毛の黒い毛根に反応するだけでなく、シミやソバカスやニキビなどの色素にも反応するので、シミやソバカスなどを減らしてくれる効果も期待できます。また、脱毛により毛穴が引き締まるので、施術が終わった後に肌のきめが整い、比例に見えるようになることもあるそうです。

こうやってみると、良いことばかりだと思いますが、もちろんデメリットと思われるところもあります。
基本的に、レーザー脱毛での処理は、脱毛エステサロンなどに比べて痛みを伴う。といわれています。レーザーの照射出力が高いため、痛みも強くなるようです。
ですから、痛みに弱い人には辛いかもしれないですね。

↓の記事でも医療脱毛で全身脱毛するならダイオードレーザーを採用しているクリニックを選ぶべきと書いていますね。
医療レーザー脱毛で全身脱毛おすすめランキング

総合的にみると、ダイオードレーザーは全身脱毛には大変向いているということになりますね。

ダイオードレーザーは髭脱毛に適しているか?

昔と違って、男性の美意識が高くなっている今日。
テレビに出る芸能人だけではなく、一般の男性もムダ毛を意識して脱毛をする時代になりました。

特に、顔のムダ毛であるヒゲですが、本当に濃い人は、キレイに剃っても青く見えてしまい、
また、剃ってもその日のうちに伸びてきてしまう。と悩んでいると思います。
女性から見ても、どうしても目につく部位なので、毛深いことが苦手な女性にとっては、嫌煙してしまう原因になってしまうかも。
もちろん、ヒゲ好きの女性なら問題ないのですが・・・。

さて、今回は、ヒゲの脱毛に関して、的を絞って検証します。

まず、永久脱毛でヒゲの脱毛を行なう際、有効な方法は何か?というところですが、

永久脱毛といえば、必然的にレーザー脱毛になります。
これは、エステサロンなどで行なわれる光脱毛(フラッシュ脱毛)とはムダ毛に対する処置が違い、毛根の細胞を破壊してムダ毛が生える機能をなくすため、永久的に毛が生えなくなる。という事で永久脱毛と言われます。このレーザーを使っての脱毛の施術は、医師のいるクリニック等でしか行なえない施術として国が定めていますので、エステサロンなどでは行なえません。
脱毛の効果は高いのですが、その分負担が大きいということでしょう。

そして、そのレーザー脱毛を行なう機械にも種類があって、現在3種類のレーザーがあります。
アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類です。

この中でも、二番目にあげたダイオードレーザーについて、ヒゲの脱毛に適しているのでしょうか?

そもそも、上記の3種類、何が違うかというと、一つ目はレーザー照射の距離。
アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーはレーザーの届く範囲が浅く、ヤグレーザーは深くまで届きます。
また、アレキサンドライトレーザーは濃い色のムダ毛に反応し、ダイオードレーザーは濃い毛にも産毛にも反応します。また、ヤグレーザーは薄い毛に反応し、色が黒い人や日焼けした肌でも対応できます。

ヒゲはうぶ毛ではなく、しっかりと黒々生えていますので、アレキサンドライトレーザーか、ダイオードレーザーがヒゲの脱毛には向いている。ということになります。

さらに、この二つには施術時の方法の違いもあります。
ダイオードレーザーは、施術を行なう際に冷却ジェルを塗って使用するものになります。
冷却ジェルを塗ることで、肌のトラブルを軽減することが出来る、というわけです。

また、ダイオードレーザーは日本人の肌に反応し易い、という話もあり、肌の色が黄色っぽく、体毛の黒い日本人のヒゲ脱毛には、ダイオードレーザーが適している。といえます。

ヒゲ脱毛の施術を受けたいと思ったときに、これを参考にしていただけると、効果を得られるのも早いかもしれません。

ダイオードレーザー脱毛の効果とは?

レーザー脱毛という言葉はよく聞きますが、その中の種類はあまり知られていません。
今回はその一つ「ダイオードレーザー脱毛」について書いてみます。

ダイオードレーザーとは黒い色素(メラニン)のみに反応する波長のレーザーを照射します。
黒い部分にのみ反応するため、毛根の色素部分を直接焼き再生機能を奪うやり方です。
レーザーは先端の針のようなところから照射され、その先端にはクーリングチップがあり冷却と部分的な焼きを交互に入れる為やけどの心配がありません。
この技術は非常に正確性を持ち施術されるため効果としても大きいとはされています。

個人差ありますが、痛みとしてもさほど痛いと言う感じはなく部分的に押し付けられている位にしか感じないと言います。

実際の効果の程ですが、経験した方にお話を聞けました。一例としてでの話になります。
施術して1年くらいは全くキレイな状態であったとの事でした。
毛根や再生力の個人差によるそうですが、この方は2年を過ぎたあたりで皮膚の下に黒い点々を見つけたそうです。
その後以前よりは断然少ないそうですが、ムダ毛の再生が見られたそうです。
回数としては8回の施術だったとの事です。

事前にやはり永久脱毛とは言え「例外がある」と言われたそうです。
それを思うとこの「例外」に該当したのでしょうが、本人はそれでも満足だと言います。

元々どれだけ濃いムダ毛があるか、またそれをどれだけのコンプレックスとしているかによって満足の得られ方は違うようですね。
インターネットの書き込みを見てみると、評価は様々なようです。
医療施術として受ける訳ですから、費用は決して安価ではありません。人によっては「こんなにお金を払ったのに」という感じ方をする人もいるという事でしょうか。

ただ現在の脱毛方法において永久脱毛を希望するのであれば、断然この方法を選択肢に入れる事というのが一般的のようです。
クリーム等を用いた方法はやはり一時的であり、ムダ毛の原因に直接は作用しないからだそうです。

費用面の差が大きく出るのは明白ですが、永久脱毛を考えるのであれば有効な先行投資となるようです。

ダイオードレーザーの痛みは?

永久脱毛といわれる、医療機関で行なわれるレーザー脱毛。
アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーといった3種類のレーザー脱毛器が存在します。

その中のダイオードレーザーですが、他のレーザー脱毛と比較して、効果はいかがなものでしょうか?

インターネットでの口コミや体験談を見ると、ダイオードレーザーは痛みが少ない。と書かれているのも目にします。
もともと、アレキサンドライトレーザーが主流で、脱毛効果だけでなく美肌効果もある。という事で人気があるそうですが、痛い!と感じる人が多いそうです。
そんな中、痛み軽減して施術を行なえるようにと、ダイオードレーザーが開発されたそうです。

ダイオードレーザーはそれまで難しいと言われていた、ヒゲなどの太い毛と背中などのうぶ毛、両方に反応し、処理をすることができます。
レーザーの出力幅を調整することが出来るので、ムダ毛の毛質に合わせて強さを変えて施術ができ、効率的に、短時間での脱毛処理が出来るようになったということです。

また、アレキサンドリアレーザーに比べて、機械に冷却システムが内蔵されていて、皮膚を冷やしながら脱毛を行なえます。これによって、皮膚が荒れることを軽減したり、また、痛みも軽減されて、施術を受け易くなった。ということです。

でも、実際に施術を受けた方の中には、痛かった。とか、効果がなかった。という意見もあります。
痛みは人それぞれ感じ方が違うので、もしかしたら普段は痛みに強くて、実際に施術を受けたら想像していたよりもずっと、痛みを強く感じてしまった。という人もいるかもしれません。

部位によっては麻酔をかけて施術してくれる場合もあるようなので、ダイオードレーザーで脱毛しようと考えるなら、伺ったクリニックでどこをどのように脱毛するか?を相談して、手順などをしっかり確認して、痛みの心配も相談しておくと良いかもしれませんね。

一つ注意が必要なのは、現在、ダイオードレーザーを扱うところが少ないこと。
アレキサンドライトレーザーは主流で取り扱いも多いですが、ダイオードレーザーは後から参入してきたため、アレキサンドライトレーザーはあるがダイオードレーザーはない。
ということは良くあるそうです。
クリニックの細かい情報がインターネットで見れない場合は、近場で通えるクリニックに電話して、使っている機器をたずねてみるのも良いでしょう。

ダイオードレーザーは、最新の機器ということになります。
これからも改善されたりして、更に利用し易く、効率的にムダ毛の脱毛ができるようになりそうですね。

ダイオードレーザーで産毛の脱毛、効果はある?

ムダ毛の脱毛について、ヒゲなどの濃いムダ毛と背中などの薄い産毛、部位や毛質それぞれに、その処理を得意とする機器があるようです。

レーザー脱毛の機会には、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類があり、その特質はそれぞれに違います。

まず、剛毛と言われる、濃く強い毛には、アレキサンドライトレーザーが向いているとのことです。アレキサンドライトレーザーは毛の黒い色に反応して、ムダ毛の根元にレーザー照射をあて、その毛根の細胞を破壊してムダ毛をなくす。という仕組みです。
黒い物に反応するので、産毛や肌の黒い人への施術は得意としないようです。

逆に、ヤグレーザーは濃い毛の処理には向きませんが、背中などの産毛や、肌の色が黒い人に向いています。アレキサンドライトレーザーはレーザー照射の出力が強いのですが、ヤグレーザーはレーザーの出力が弱いため、産毛や黒い肌のひとに有効に働くということです。

では、ダイオードレーザーはどうでしょうか。
ダイオードレーザーは、ヤグレーザーよりはレーザーの出力は強く、アレキサンドライトレーザーと比較すると、あまり大きく変わりません。
但し、ヤグレーザーのように、産毛にも反応するというので、全身の毛を処理したい人にはダイオードレーザーは適しているといえるでしょう。

ダイオードレーザーは、日本人の肌に合っているので、男性のヒゲの脱毛にも向いているといわれます。
では、本当に太い毛にも産毛にも効果があるのでしょうか?

ダイオードレーザーで脱毛をした人の口コミですが、それぞれに見解はあるようで、産毛がキレイになくなった!という人もいれば、効果がなかった。という人もいます。
全体的には、産毛にも効果があった!という意見のほうが多いので、間違いはないと思いますが、毛の生え方にも個人差があるように、その効果にも、違いはあるのかもしれません。
また、施術するクリニックでの効果の違いもあるようなので、可能であれば、クリニックの評判なども調べてみると良いでしょう。

エステサロンのように、キャンペーンが沢山あるなら、キャンペーンを試しながら、いろいろなサロンを回ってみるのも良いかもしれませんが、クリニックでお得なキャンペーンといっても、そもそもの金額がエステサロンより高額なので、ちょっと難しいかもしれないですね。
ネットでの評価と合わせて、身近に体験した方がいないか、ちょっと聞いてみるのもよいかもしれませんね。

色々なサイトを拝見して、私がダイオードレーザー、試してみたいなと思います。

ダイオードレーザーと美肌の関係

ムダ毛の処理として、医療機関で行われる永久脱毛に使用されるのがレーザー脱毛ですが、レーザー脱毛にはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーという3種類のレーザー脱毛が存在します。
その中でも、濃いムダ毛にも産毛にも反応し、日本人の肌に合うと言われるのが、ダイオードレーザーです。

ダイオードレーザーは、皮膚の表面から3mmくらいの深さにレーザーを照射し、高い確率でムダ毛の毛根の根元にある細胞を破壊します。そして、ムダ毛が再生できない状態にしてくれます。
レーザーを照射する照射野といわれる部分は、四角い形をしているため、位置をずらして照射をしても、照射漏れすることが少なく、ムラ無く脱毛が出来ます。
また、照射の強さではあまり変わらないアレキサンドライトレーザーにくらべて、冷却機能が内蔵されているので、施術時に皮膚を冷やしながら施術ができ、施術時の傷みも少ないくてすむそうです。

そんな、まるでメリットばかりのダイオードレーザーですが、
なんと、美肌効果もあるっていうのです!

そもそも、レーザーは黒いものに反応します。ですから、顔の産毛の治療を行なっているうちに、顔のシミが薄くなることも、また、消してくれることも期待されます。実際に美容クリニックでシミの治療に使われることもあります。

ムダ毛の処理が、シミやソバカスにも効果を発揮するなんて、ちょっと驚きです。
自分自身、年齢と共に、隠れていたシミがどんどんお肌の表面に現れてきているので、この効果は嬉しい情報です。この際、顔の産毛処理をしてしまおうかと、考え始めています。

さらに、ダイオードレーザーでの治療はニキビの治療にも用いられています。
若い人だけでなく、年を重ねても、ストレスなどであごのラインなどに出来てしまう大人ニキビ。
ニキビは毛穴にばい菌が入って炎症を起こしている状態ですが、その皮膚にレーザーの光を当てることで、殺菌して余分な皮脂を排出。これによってニキビが治る、というのです。

ほかにも、ダイオードレーザーの効果として嬉しい効果は、
ダイオードレーザーでのレーザー照射により、皮膚の下の組織が反応して、新陳代謝が促進され、皮膚の下にあるコラーゲン繊維の産生も進みます。これは、肌のハリを保つ役割があるので、お肌にハリが出てくる。というのです。

永久脱毛もできて、他にも効果をもたらすダイオードレーザー治療。
女性にとっては、本当に嬉しい効果が沢山ですよね。
これから、全国的な設置数も増えてくれると嬉しいですね。

ダイオードレーザーでの永久脱毛について

以前に比べて、エステサロンや美容クリニックなどでムダ毛の処理が手軽にできるようになりました。
中でも、レーザー脱毛は永久脱毛として人気があり、施術を考える人も多いと思います。

レーザー脱毛器には、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類が主になりますが、それぞれに特徴があり、向いている部位や毛質があります。
アレキサンドライトレーザーは濃いムダ毛に効果を表すと言われ、ダイオードレーザーはどの部位にも適用すると言われます。また、ヤグレーザーは薄い毛に反応し処理ができるので背中などの産毛が多い箇所の施術に向いていると言われます。

では、ダイオードレーザーで永久脱毛をした場合、その効果や期間はどのようなものでしょうか?

まず、レーザー脱毛の仕組みについて簡単に説明すると、レーザーの光は黒い色に反応します。皮膚にあてると、皮膚を通過して皮膚の表面から3mm位の所までレーザー光が届きます。黒いムダ毛に反応しますので、その毛根の組織に照射されてその細胞を破壊します。
これによって、壊れた毛根の細胞は復活することがなく、その後、毛が生えることは無くなる。というわけです。

ダイオードレーザーは、照射野と呼ばれるレーザーが当たる範囲が四角くなっており、少しずつ当てる場所をずらしても、ぞうきんをかけるように隙間なく照射を行えるので、レーザーの照射漏れがなく、効率的に広い範囲を脱毛できるということで、有名なクリニックでも選ばれています。アレキサンドライトレーザーは丸い形に照射されるので、どうしても照射野に隙間ができて、照射漏れを起こす可能性があり、照射漏れをなくそうとすると、当てたところに重ねながら少しずつ施術をするため、結果的に時間もかかることになります。

また、ダイオードレーザーは普通の毛にも産毛にも反応するので、手足などだけではなく、背中や顔の産毛の処理も出来るので、全身脱毛に適していると言えます。
アレキサンドライトレーザーは産毛などの薄い毛には反応しないため、濃い部分のみ処理をして、うぶ毛はヤグレーザーなどで処理する形になります。
そうなると、なんとなく二度手間な感じですよね。

効果については、もちろん個人差もありますが、毛の生えてくるサイクルに合わせて、2~3か月毎に施術を行い、1年から2年かけて全身の毛をなくしていきます。
脱毛をする前に、全身の表面に見えている毛は、隠れている毛を合わせた全体の内30%程度といわれています。ですから、最初に見える毛を処理しても、眠っている毛が出てくるサイクルがやってきます。このサイクルが早い人は早くに処理が終わるでしょうし、遅い人は少し時間がかかるかも知れませんね。

でも、毛根の細胞を破壊するので、全身の処理が終われば、永久的に毛が生えてこない。というわけです。
豆知識ですが、ダイオードレーザーには美肌効果もあるといわれていますので、全身の永久脱毛と合わせて、美肌も手に入ると嬉しいですね。

ダイオードレーザーは硬毛化に繋がるか?それとも改善につながるか?

医療機関による脱毛方法として広く知られているレーザー脱毛。
そのレーザー照射を行うことで、脱毛するはずが、それに反して毛が濃くなる。または太くなる硬毛化につながる、という話があります。

脱毛するためにレーザー照射をしているのに、硬毛化?!と驚く方もあるかもしれません。
なぜ?そんな事が起こるのでしょうか?

レーザー脱毛をして毛が濃くなったり太くなったように感じること、これは、実際に起こりえるそうです。それをレーザー脱毛の失敗と考えるかは個々の考えになりますが、その原因と考えられるのはこうです。

そもそも、レーザー脱毛は皮膚の下にあるムダ毛の根元、毛根にレーザーを照射することで、その細胞を破壊して、毛が生えてくる状態をなくします。
その際、レーザーは黒い物に反応するため、黒いムダ毛に反応しますよね。
しかし、アレキサンドライトレーザーのように薄い毛に反応しにくいレーザーでは、産毛などの処理は出来ません。
一説には、弱い出力で時間をかけてレーザーを照射することで、処理が出来ない毛根に刺激を与え、に対して、レーザーが育成を促進してしまうという話もあります。毛根を刺激して細胞を破壊するのではなくて、逆に刺激を与えて毛が成長してしまうのでは?という考えもあります。

このように、硬毛化してしまったムダ毛、どのように対処するべきか?
アレキサンドライトレーザーのような低出力のレーザーでは、同じように刺激を与えてしまう可能性があります。
そこで、お勧めされるのが、ダイオードレーザーやヤグレーザーの大きな出力での対処です。

しっかりと生えてきてしまったムダ毛は、一からレーザー脱毛をして、なくしていく。ということですね。
ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーは、出力の差があるので、低出力で育ってしまったであろう硬毛化した毛には、ダイオードレーザーの方が有効というわけです。

せっかく、長い時間をかけて処理が終わったと思ったら、薄かったところに太い毛が生えてきた!と、落胆せずに、きちんとアフターケアを行なってくれるクリニックを探して、脱毛を行なうのがよいですね。
硬毛化のメカニズムは完全に解明はされていないようですが、硬毛化しても、時間をかけてレーザー照射を続ければ、最終的にキレイに脱毛が完了したという人もいるようですので、諦めずに、続けてください。

レーザー機も、各種取り揃えがあるクリニックが、安心して施術を受けられると思います。

ダイオードレーザーとアトピーの関連性について

ムダ毛処理の方法としてあげられるレーザー脱毛。
そのレーザー脱毛の中で最近人気といわれているのが、ダイオードレーザーという機種です。
ダイオードレーザーは、毛が濃い所にも、薄いところにも使えて、産毛などにも反応すると言われているので、全身の脱毛が行なえます。その為、人気もあるのでしょうね。
また、ダイオードレーザーによるレーザーの照射による美肌効果も期待できるそうです。
これは、レーザーを当てることで、皮膚の奥にある細胞を活性化させ、肌の弾力を再現させる効果があるからだそうです。
ムダ毛の処理も出来て、美肌にも効果があるなんて、嬉しいことばかりですね。

しかし、肌が弱い人はどうでしょう?

アトピー性皮膚炎など、肌に疾患があり、赤みを帯びたりしていると、エステサロンなどでの脱毛を断られることがあるそうです。
肌の疾患に関わらず、ムダ毛は女性の敵ですし、どんな方もムダ毛の処理はしたいと思います。
でも、肌の赤みに光が反応してしまい、症状を悪化させることになると大変ですよね。
ですから、医療機関ではないエステサロンなどでは処置が出来ない。ということになるのでしょうね。

アトピーは、一度表に出てきてしまうと、かゆくて我慢できずに掻いてしまい、さらに悪化して、そこからまた痒みが発生して。と悪循環になります。
掻いてしまった肌は、確かにダメージを受けるので、外部からの刺激に非常に敏感になりますよね。

でも、レーザー脱毛なら、アトピーの人でも施術が可能なんです。
特に、ダイオードレーザーは、弱い出力で施術ができるので、アトピーや肌が弱い人でも施術を行なってくれるクリニックもあります。
さらに、実は、ダイオードレーザーをアトピーの治療に用いているクリニックもありました。
ダイオードレーザーは低出力でレーザーを照射します。
これにより、細胞レベルでの新陳代謝の活性化、血行改善、末梢神経の沈静化など、いろいろな症状を改善してくれるというのです。
アトピーに限らず、傷跡を早く治す効果や、腫れ、いたmんみ、かゆみを取り除くことも出来るそうです。
細胞に働きかけ、免疫力を正常化させることで、自己治癒力を高める効果があるんだそうです。

治療の方法と、脱毛の方法は違うと思いますので、クリニックへの確認はもちろん大切ですが、肌が弱くて脱毛に尻込みをしている方は、一度ダイオードレーザーを導入しているクリニックへ問い合わせてみると良いでしょう。
脱毛と同時にアトピーにも効果があるとよいですね。